前へ
次へ

薬剤師の就職転職に人気の調剤薬局

高齢化社会の加速によって人口が減少しながらも、処方箋の調剤の需要は増加傾向にあり、必要度が高まっているジャンルに調剤薬局があります。
しかしながら、一般的な調剤薬局に従事する薬剤師は、年齢的な要因などが無い限りは離職するケースは稀で、産休や病気療養などの期間にスポット的に、求人が出るというケースが多いと言う実情があります。
その為、薬剤師の就職や転職の際の選択肢としては、調剤薬局は長期安定が望める人気のジャンルであり、狭き門とも言えます。
薬剤師の就職や転職の選択肢として虎視眈々と調剤薬局の離職をチェックしつつも、日々の暮らしを営む為の選択として選ばれるのがドラッグストアです。
薬剤師の資格があれば採用に有利ではありますが、調剤薬局とは違い本来の調剤とは違う品出しや検品やレジなどの業務がメインとなるのが実情です。
しかし最近では、ドラッグストアが調剤薬局としての業務を行い機能していると言う店舗もあります。

Page Top